株式会社タック印刷

工業向けラベル、UL規格ラベル、タックレーザーマーキングラベル®、レーザーマーキング

メニュー

CSR

CSR活動

タック印刷は、「本業による社会貢献」として、企業の持続的成長への基本となる活動、CSR活動を実践しています。
タック印刷の文化でもある誠実さで、多様なステークホルダーに配慮した企業活動をおこなっていきます。


 RoHS指令適合

タック印刷は、RoHS指令に適合した原材料を使用したラベルを製造しております。
粘着シート、インキなど、当社の購買活動の中で新しく採用する原材料に関して、
RoHS指令に適合した原材料を確認しております。

*RoHS指令:
コンピュータや通信機器、家電など電子・電気機器における特定有害物質(6物質群)の
使用禁止を定めたEU(欧州連合)の指令です。
2003年2月に欧州議会で制定され、2006年7月1日から、EU25カ国で施行されています。

 紛争鉱物への対応

タック印刷は、武装勢力に関わる紛争鉱物を当社製品に使用しないことを基本方針としています。

武装勢力の資金源となる「紛争鉱物」は重大な社会問題であると認識し、
当社が購入する、粘着シート、フィルム、インキなどの「紛争鉱物」の使用状況を調査し、
原材料としてそれらを使用していないことを確認しています。
今後も「紛争鉱物」を不使用とする購買活動を行っていきます。
紛争鉱物:
米国「ドッド・フランク法」により、コンゴ民主共和国及び隣接諸国で
産出された紛争鉱物(金、タンタル、タングステン、スズ)

 リサイクル(RPF化)

環境への負荷の低減と循環型社会の形成を目指して、ラベル製造時に発生するシールカス、調子出し原材料など、
選別が難しい廃プラスチックをRPF化(固形燃料化)し、熱エネルギーとして再利用するサーマルリサイクルシステムに取組んでいます。

 ISO9001

タック印刷は、2000年からISO9001に取り組んでいます。
単に弊社で製造されるラベルなどの品質管理、品質向上だけではありません。
顧客満足・購買活動・社員教育など弊社のすべての業務にPDCAサイクルをまわし、
よりよいサービス提供プロセスの構築をはかっています。

TOKYO働き方改革宣

東京都では、都内企業の働き方改革の気運を高めていくため、「TOKYO 働き方改革宣言企業」制度を創設されました。

タック印刷は、平成28年10月にTOKYO働き方改革宣言をし、以下の目標、取組内容で取り組んでいます。

東京都働き方改革宣言ページ
https://hatarakikata.metro.tokyo.jp/s25/